9/27はクルージングにて選曲♪
ご興味ある方は連絡下さいね❁.*⋆✧


M SALON. cruise

食を囲みながら上質な音楽やパフォーマンスで彩る女性を中心としたプロジェクト M SALON.。 丸の内ブリックスクエア moodboard.六本木ヒルズAW grill&bar等で選曲を展開しているメンバーを中心におくる
スペシャルナイトクルージング。

Jazzミュージシャン、ファッションモデル、Tuno by Azumiのブランドを持つアクセサリーデザイナーとして活躍するAzumiををGuest Music Selectorとして迎える。


9/27(Sat)
Place: JICOO The Floating Bar
http://www.jicoofloatingbar.com/

Time:19:00-23:00
■Departure time
日の出桟橋発着所 | 19:00 20:00 21:00 22:00
お台場海浜公園発着所 | 20:30 21:30 22:30

Charge:3600yen with 1Drink

Guest Music Selector:
Azumi  (Singer,DJ,Lyricist,Accessary Designer)

Music Selector:
ayapan、とん子、chigu、幸、KGO、VITA    and more



--------------------------------------------------------------

Azumi  (Singer,DJ,Lyricist,Accessary Designer)

Wyolicaのヴォーカルとして1999年大沢伸一プロデュースでデビュー。優しく透明感のあるヴォーカルと、穏 やかで切ない歌詞・メロディーを核に、振れ幅のある、且つオリジナリティ溢れるアイデンティティーを披露。 スネオヘアー、FLOW、SOFFet、Moominを始め様々なアーティストとコラボレーションし、特に Steady&co.「Only Holy Story feat.azumi」はアルバム曲ながらも大ヒットとなり、現在でも根強い人気を誇 る。
2011年、ソロ活動再開と同時に、テクノ・テックハウスを中心とするDJ活動も開始。親交の深いピアニストを招き、JAZZY でPOPなAzumiワールドを凝縮した1stソロアルバム「ぴあのとあずみ」、2013年4月リリース のガールズポップスを大胆にジャズアレンジしたカヴァーアルバム「NEW STANDARD」は、共にiTunes Jazzチャート1位、総合アルバムチャートTOP10入りを記録し好評を博した。
2012年、ヘアアクセサリーブランド「Tuno by Azumi」を設立。2013年、多くのファンやアーティストから 惜しまれつつもWyolicaを解散。2014年、デビュー15周年を記念し、アニバーサリーアルバムをWARNER MUSIC JAPANからリリース予定。

AzumiオフィシャルHP http://www.azumiweb.com/
AzumiオフィシャルFacebook https://www.facebook.com/azumi.wyolica
Azumi オフィシャルtwitter https://twitter.com/azumiwyolica
Azumi オフィシャルブログ http://ameblo.jp/azumi-officialblog/
Tuno by Azumi http://www.tunobyazumi.com/




KGO

ARTIST/Producer
デビュー作がイタリアIRMAのフラグシップ・コンピレーション「Chill Out Cafe」に収録され話題となる。 その後はRawFusion、G.A.M.Mなどのレーベルを手掛けるMad Mats氏の傘下レーベルBasic Fingersからのワールドリリース。 The Quiet Nights Orchestra、The Moleskinsなどの海外アーティストのRemixを数多く手掛ける。 国内では累計30万枚を超える人気カフェコンピ「Couleur Cafe」シリーズや、宇田川カフェのコンピレーションCD「Udagawa Jazzy Night」、BeamsとのコラボレーションCD「Enjoy Home Making ゆる家事 Music」などのプロデュース。 小野リサやJoao GilbertoなどのMix CDも数多く手掛けている。
選曲のスタイルはAmbient.Jazz・DeepHouse・Techno・NuDisco・ProgressiveHouseから最新のMelodicHouse・BassHouseまでDeepで良質な音楽を追求。 あらゆるジャンルの垣根を越え、良質な音楽のみをリスナーに届ける為に日々活動中。

This article is a sponsored article by
''.